【キミガシネ―多数決デスゲーム―】第一章後編のプレイ・感想・攻略! Part9:束の間の休息【ネタバレ】

キミガシネ―多数決デスゲーム―
キミガシネ第一章後編Part9です。

第一章後編Part8はこちら↓

スポンサーリンク

束の間の休息

メインゲームを終えて生き残った者たちは、次のフロアへ行くまでの間しばしの休憩を与えられます。

レコとナオとギン

青い部屋では、レコとナオとギンの3人がサラを心配していました。

サラはあれからずっとうなされているようです。

ギン
ナオ
レコ

Qタロウ

酒場ではQタロウが、今はもう声の届くことのないカイへと向けて問いかけていました。

Qタロウ
悪いことなんてのはくだらないこと。

カイはそんなくだらない人間には見えなかった、と独りごちます。

ソウとカンナ

2Fの通路奥ではソウとカンナが話し合っていました。

ソウ
ソウの言葉にカンナは弱々しくももう嫌だと拒絶の意を示し、これ以上サラを悲しませないようにと願い出ます。

カンナの知りたがっていること、ソウの知っていることとは一体何なんでしょうか。カンナの姉関連?

そしてソウはそれを教えるためにカンナに何をさせているのか……非常に気になるところです。

カンナ
カンナに言われジョーの言葉を思い出したソウは、あのとき同様に顔に苦悶の色を浮かべ言葉を詰まらせます。

ケイジとアリス

隠し部屋ではケイジとアリス、意外な組み合わせの2人が暗がりのなか話していました。

アリスは神妙な面持ちで、警察官であるケイジに自分が起こした事件について知っているかを尋ねます。

アリスの起こした事件というと……殺人事件

最初は窃盗とウソをついていましたが、実は殺人を犯して刑務所に入っていたことが予選投票のときに判明しています。

アリスの質問にケイジは「なぜ?」と聞き返します。

するとアリスは額に汗を浮かべながら、どこか動揺した様子でおそるおそる口を開きました。

「ただの偶然だと思うんだが……」と前置きをしたうえで、昔に1人の人間を殺したことを改めて告げます。

ケイジ
アリス

え?


アリスはソウを殺していた?

しかし日和颯を名乗る人物は、今もこうしてデスゲームに参加しているわけで……。

これはとんでもない事実が発覚しました。

では、今の日和颯は何者なのか?

考えられるパターンは3つ。

【実は生きていた本人説】
アリスがどうやって日和颯を殺したか次第でもあるんですが、それ以前にアリスって刑務所に入っていたんですよね。

殺人を問われて刑務所にいたなら遺体が発見されているということなので、生きていた説は無い……はず。


【双子説】
名前が同じで見た目もそっくりそのままなら、アリスがもっと戦々恐々としていてもおかしくありません。

また、アリスが「ただの偶然だと思うんだが」と前置きをしているあたり、ただの同姓同名の可能性を示唆しています。

見た目までそっくりだったなら「偶然」で片付ける人はまずいないでしょう。ということで双子説は1番無さそう。


【関係者が騙っている説】
現時点で有力なのは、こちらでしょう。

とはいえ誰がなんのために騙り、なぜ都合よくアリスとデスゲームで鉢合わせることになったのか不明な点は多いです。


今後のソウの言動に注目ですね。

第一章後編 終

第一章後編はここで終わりです。

ジョーが死んでカイさんが死んで……果てしない虚無感。

第ニ章前編Part1はこちら↓

準備中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする