エックスサーバーとmixhostで悩む初心者の決め手【レンタルサーバー】

Xserverとmixhost

レンタルサーバーを決めていくと最終的に

エックスサーバー

mixhost(ミックスホスト)

で悩むという方、結構いるんじゃないでしょうか。

この2社は非常にコストパフォーマンスの良いレンタルサーバー会社です。

もう少しコストを抑えたい場合は「ロリポップ」や「さくらのレンタルサーバ」が候補にあがりますね。

しかし初心者でありながらエックスサーバーとmixhostで悩んでいるということは、あまり妥協はしたくないという強い意志をお持ちのことでしょう。

私自身、移転という手間を避けたかったので、腰を据えて使い続けられそうなものを探していました。

必然的に要求するハードルは上がり、残ったのがエックスサーバーとmixhostです。

そんなわけで、同じようにエックスサーバーとmixhostで悩まれてる初心者の方の参考になれば、と私の考えをまとめてみました。

▼もくじ
スポンサーリンク

エックスサーバーとmixhostの比較

まずはエックスサーバーのX10プランとmixhostのスタンダードプランを比較してみました。
※2017/12/5のリニューアルによりエコノミープランは終了しました。


月額費用は最安値のものです。
金額は税抜表示。

2018/10
時点
Xserver
X10
mixhost
スタンダード
初期費用 3,000円 無料
月額費用 900円 880円
ディスク容量 200GB(SSD) 150GB(SSD)
転送量 70GB/日 2TB/月
無料独自SSL ○(Let's Encrypt) ○(COMODO社)
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
メールアドレス 無制限 無制限
MySQL 50個(MariaDB) 無制限(MariaDB)
プラン変更 月単位 上下即時
(差額で調整)
バックアップ ○(一部復元無料) ○(復元無料)
サポート 電話、メール メール
アダルトサイト ×
試用期間 10日間 10日間
運用実績 2003/7~ 2016/6~

差のあるものについてだけ言及していきます。

初期費用

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
初期費用 3,000円 無料

mixhostの圧倒的勝ちです。

この敷居の低さはバカにできません。初心者にとって非常に手が出しやすい利点です。

エックスサーバーはというと、無料とまではいかずとも初期費用を抑えることはできます。方法は二通りありまして、

  • 初期費用半額キャンペーン中に申し込む
  • 同系列会社のXdomain(エックスドメイン)にて独自ドメインを取得する(エックスサーバーの初期費用が半額になる特典がつきます)

ただ、エックスサーバーにはドメイン無料キャンペーンもありまして、そのキャンペーンを通してサーバー契約すると契約中はドメイン料が一切かかりません。新規取得だけでなく移管の場合も適用されます。

初期費用半額キャンペーンとドメイン無料キャンペーンは同時開催しないので、どちらかしか選べません。

初期費用半額といってもその差は1,500円。

ドメインが年間1,000円かかるとすると、1年とちょっとでその差は埋まります。

短期なら初期費用半額が、長期ならドメイン無料を選んだ方がお得ということになります。すでに取得しているなど、ドメインがいらない場合は初期費用半額のほうがいいでしょうね。

自分の取得したいドメインの価格でも大きく変わってくるので、計算してお好きな方を選んでください。

月額費用

()金額は税抜表示。

契約期間 Xserver
X10
mixhost
スタンダード
3ヶ月 1,200円/月 1,380円/月
6ヶ月 1,100円/月 1,180円/月
12ヶ月 1,000円/月 980円/月
24ヶ月 950円/月 930円/月
36ヶ月 900円/月 880円/月

2017/11時点ではmixhostには1年までの料金プランしかなかったので、2年契約以上だとエックスサーバーがお得だったんですが……2017/12のリニューアルにより長期契約はmixhostの方が安くなりました。ただし短期契約は、3ヶ月が1,180円→1,380円、6か月が1,080円→1,180円と値上がっています。

ちなみにエックスサーバーでドメイン無料キャンペーンを適用すれば上記金額だけでいいですが、mixhostには別途ドメイン代がかかります(初期ドメインしか使わないなら別ですが)。

その為12ヶ月契約したとすると1ヶ月あたりが

エックスサーバー ドメイン無料+1,000円
mixhost ドメイン代(約100円)+980円

となり、金額が逆転してしまうのでコストを重視する方は注意です。

ディスク容量

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
ディスク容量 200GB(SSD) 150GB(SSD)

mixhostは徐々に性能を強化しており、容量も増えていっています。

2017/12 30GB→40GB
2018/5  40GB→50GB
2018/7  50GB→60GB
2018/9  60GB→120GB→150GB

最後だけ一月の間に怒涛の容量アップをしていますねw どうやらカラフルボックスとバトった模様ですw

なんにしろ初期が30GBだったとは思えない増量っぷりですね。5倍ですよ5倍。

エックスサーバーの圧倒的勝ちとも言えなくなってきました。

どちらも大容量なので、悩みの種が1つ減ったというところでしょうか。

転送量

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
転送量 70GB/日 2TB/月

mixhostは以前は60GB/日だったんですが、月単位の表記に変わり1TB/月となりました。

1TB/月というと33GB/日。ん? 以前の半分? 以前と同じ60GB/日にしようと思ったら3,980円/月(1年契約時)のプランになるようです。おおふ……。

……と、この点がマイナスでしたが、

2018/5 1TB/月→2TB/月

倍になったことでほぼ元に戻りましたね。

ちなみに60~70GBは月間PV数の目安が100万程度、30GBは50万程度です。

MySQL

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
MySQL 50個(MariaDB) 無制限(MariaDB)

無制限という言葉は魅力的ですが50個という数も多いほうなので、現時点で50個以上使う予定があるでもなければエックスサーバーでも十分です。

プラン変更

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
プラン変更 月単位 上下即時
  (差額で調整)

これについてはmixhostが優秀です。

mixhostのプラン変更は下位・上位ともに可能で、支払い確定後に即時反映されます。

  • 上位変更なら差額分の支払いのみ。
  • 下位変更なら特になし。次回更新時に余分の差額が自動的に適用されるので、不足分を支払うだけでよくなります。

この点は本当に素晴らしい……。

かたやエックスサーバーはというと、こちらもプラン変更は下位・上位ともに可能です。が、融通は利きません。

  • 上位変更は月単位のみ。前月の1~20日までに申請が必要。
  • 下位変更はサーバーの利用期限月のみ。利用期限月の1~20日までに申請が必要。

どちらも申請した月の翌月1日からの適用になります。

上位変更はまだしも、問題は下位変更。3年契約して途中で変更したくなっても3年間は変更不可

う~ん……ちょっとお堅いですね。
この点だけでだいぶmixhostに揺らいだくらいです。

バックアップ

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
バックアップ ○(一部復元無料) ○(復元無料)

mixhostが有利です。

mixhostは過去30日間のファイルとデータベースのバックアップをしてくれます。

エックスサーバーは過去7日間のファイルと過去14日間のデータベースのバックアップをしてくれます。ただし復元は有料で、ファイルが税込10,800円、データベースが1つにつき税込5,400円かかります。

……というのが今まででしたが、

2018/8 「MySQLデータベース復元」機能の追加

これにより過去7日分のデータベースは無料で復元することができるようになりました。過去8日以上前のバックアップデータが必要な場合は、従来どおり有料でバックアップが可能です。

どうしても有料を避けたければ、WordPressにある「BackWPup」というプラグインを使うのも手。無料で復元できます。

サポート

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
サポート 電話、メール メール

電話がある分、エックスサーバーの方が有利です。連絡手段が多いに越したことはないですからね。

アダルトサイト

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
アダルトサイト ×

そもそもの話ですが、アダルトサイトの運用を考えているのならエックスサーバーはNG

試用期間

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
試用期間 10日間 10日間

試用期間が30日間とたっぷりあるところがmixhostの良いところでしたが、

2018/5 30日間→10日間

と、減ってしまいました。残念。

注意すべきなのが契約のタイミング。

mixhostは本契約をすると、その時点で残りの試用期間は消失します。

ちょっと損した気分になりますね……。最終日に本契約するのがベストですが忘れかねないですし、悩ましいところです。

かたやエックスサーバーはというと、なんと申し込んだ日の翌月1日から料金が起算されます。つまり、

1日(申し込み&試用開始)→4日(本契約&試用終了)→月末まで無料→翌月1日から料金の起算

ということで、月初めに申し込めば1ヶ月まるまる本機能を無料で使えるのです!

注意すべきは「申し込んだ日」。

これは本契約の申し込みではなく、一番最初にエックスサーバーに申し込んだ日のことです(エックスサーバーから設定完了のメールが来た日)。

mixhostはギリギリに、エックスサーバーは月初めに早く! と、対照的ですね。

運用実績

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
運用実績 2003/7~ 2016/6~

まさに老舗と新店。

10年以上経った今でも高い評価を得ているエックスサーバーですから、どれだけ日々の進化を重ねているかがうかがえます。

mixhostはまだまだ日が浅いため、先行き不透明なのは否めません。

知り得ない将来に気を揉んでも仕方ないので、現時点でどちらが信頼できるかというと、やはりエックスサーバーでしょう。

まとめ

どちらも引けを取らないほど優れていて本当に悩ましい……。

最終的な判断は、

エックスサーバーの「安定性と大容量」

mixhostの「速さと柔軟性」

どちらを取るかですね。

ただまぁやはり、初心者からするとエックスサーバーの持つ長年の信頼は強いでしょう。

エックスサーバーはドメイン無料キャンペーンがあるのも後押しとなりますね。会社が同じなので管理も楽ですし。

ということで個人的オススメパターンは、

  • 無料ドメインが欲しい
  • 大容量にこだわる
  • 電話サポートが欲しい
  • 実績ある方が安心する
  • 安定こそ正義

といった方は、

エックスサーバー


がオススメ!


  • 初期費用は無料がいい
  • プラン変更しやすいのがいい
  • 無料でバックアップと復元して欲しい
  • アダルトサイトを作る
  • 速さこそ正義

といった方は、

MixHost

がオススメ!

mixhost


チャンネルを変えるがごとくワンタッチで移転ができれば、こんなに気を揉むことなくいろんなサーバーを気楽に渡り歩けるんですけどね。

(´-`).。oO(そんな時代、来ないかな……)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする