エックスサーバーとmixhostで悩む初心者の決め手【レンタルサーバー】

Xserverとmixhost

レンタルサーバーを決めていくと最終的に

エックスサーバー

mixhost(ミックスホスト)

で悩むという方、結構いるんじゃないでしょうか。

この2社は非常にコストパフォーマンスの良いレンタルサーバー会社です。

もう少しコストを抑えたい場合は「ロリポップ」や「さくらのレンタルサーバ」が候補にあがりますね。

しかし初心者でありながらエックスサーバーとmixhostで悩んでいるということは、あまり妥協はしたくないという強い意志をお持ちのことでしょう。

私自身、移転という手間を避けたかったので、腰を据えて使い続けられそうなものを探していました。

必然的に要求するハードルは上がり、残ったのがエックスサーバーとmixhostです。

そんなわけで、同じようにエックスサーバーとmixhostで悩まれてる初心者の方の参考になれば、とまとめてみました。

▼もくじ
スポンサーリンク

エックスサーバーとmixhostの比較

まずはエックスサーバーのX10プランとmixhostのスタンダードプランを比較してみました。
※2017/12/05のリニューアルによりエコノミープランは終了しました。


月額費用は最安値のものです。

2021/03
時点
Xserver
X10
mixhost
スタンダード
初期費用 3,300円 無料
月額費用 990円 968円
ディスク容量 300GB(SSD) 250GB(SSD)
転送量 300GB/日 18TB/月
無料独自SSL ○(Let's Encrypt) ○(COMODO社)
マルチドメイン 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限
メールアドレス 無制限 無制限
MySQL 50個(MariaDB) 無制限(MariaDB)
プラン変更 月単位(上位下位変更可) 即時(上位変更のみ)
バックアップ ○(復元無料) ○(復元無料)
サポート 電話、メール メール
アダルトサイト ×
試用期間 10日間 30日間(返金保証制度)
運用実績 2003/07~ 2016/06~

差のあるものについてだけ言及していきます。

初期費用

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
初期費用 3,300円 無料

mixhostの勝ちです。

この敷居の低さはバカにできません。初心者にとって非常に手が出しやすい利点です。

エックスサーバーでは初期費用を抑えることができます。方法は2通りありまして、

  • 初期費用半額キャンペーン中に申し込む
  • 同系列会社のXdomain(エックスドメイン)にて独自ドメインを取得する(エックスサーバーの初期費用が半額になる特典がつく)

どちらかを使ってせいぜい半額に抑えるのがやっとでした。

ところが、最近では「ドメイン永久無料&初期費用0円キャンペーン」という最強キャンペーンをやりだしたので、それを利用すれば圧倒的にエックスサーバーが勝ちます。

ただやはりキャンペーンである以上、タイミングの合う合わないもありますので、mixhostのいつでも無料は安心感がありますね。

月額費用

契約期間 Xserver
X10
mixhost
スタンダード
3ヶ月 1,320円/月 1,518円/月
6ヶ月 1,210円/月 1,298円/月
12ヶ月 1,100円/月 1,078円/月
24ヶ月 1,045円/月 1,023円/月
36ヶ月 990円/月 968円/月

2017/11時点ではmixhostには12ヶ月までの料金プランしかなかったので、24ヶ月以上の契約だとエックスサーバーがお得でした。

しかし2017/12にmixhostがリニューアルした際に、12ヶ月以上の契約はエックスサーバーより安くなりました。

ディスク容量

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
ディスク容量 300GB(SSD) 250GB(SSD)

各社ともに大容量でもはや不満点は無いかと。

mixhostのオモシロ容量変遷の歴史も、もう過去のものという感じですね。

2017/12 30GB→40GB
2018/05 40GB→50GB
2018/07 50GB→60GB
2018/09 60GB→120GB→150GB
2019/11 150GB→200GB
2019/12 200GB→250GB

ものすごく刻んで増量してきたのに、2018/09に怒涛の容量アップ!

何事かと思ったものですが、どうやらカラフルボックス(他会社のレンタルサーバー)とバトっていたようですw

詳しいバトル内容はこちらでどうぞ↓

WordPressが使えるレンタルサーバーといえば「エックスサーバー」か...

転送量

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
転送量 300GB/日 18TB/月

mixhostが2倍ほどあります。

日単位と月単位の違いがあるので、そこだけ注意してあとはお好みですね。

ちなみに60~70GBは月間PV数の目安が100万程度、30GBは50万程度です。

MySQL

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
MySQL 50個(MariaDB) 無制限(MariaDB)

無制限という言葉は魅力的ですが50個という数も多いほうなので、現時点で50個以上使う予定があるでもなければエックスサーバーでも十分です。

プラン変更

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
プラン変更 月単位(上位下位変更可) 即時(上位変更のみ)

どちらが良いかは明確に言えなくなりました。

mixhostの旧プランプラン変更は下位・上位ともに可能で、支払い確定後に即時反映されます。

  • 上位変更なら差額分の支払いのみ。
  • 下位変更なら特になし。次回更新時に余分の差額が自動的に適用されるので、不足分を支払うだけでOK。

この旧プランは素晴らしかったんですが、今はもう当時の利用者を除いて廃止となりました。

それにあたり、下位プランへの変更が不可能に。

だいぶ自由性が失われました。


かたやエックスサーバーはというと、プラン変更は下位・上位ともに可能です。が、融通は利きません。

  • 上位変更は月単位のみ。前月の1~20日までに申請が必要。
  • 下位変更はサーバーの利用期限月のみ。利用期限月の1~20日までに申請が必要。

どちらも申請した月の翌月1日からの適用になります。

なかなかお堅い印象でしたが、mixhostの下位プラン変更廃止を前にすると、変更してくれるだけありがたいのかもしれません。

バックアップ

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
バックアップ ○(復元無料) ○(復元無料)

mixhostは過去14日間のファイルとデータベースのバックアップと復元が可能。

エックスサーバーは過去7日間のサーバー領域データ(Web・メールデータ)とMySQLデータベースデータのバックアップと復元が可能。

WordPressにある「BackWPup」というプラグインを使う手もあります(復元無料)。

サポート

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
サポート 電話、メール メール

電話がある分、エックスサーバーの方が有利です。

アダルトサイト

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
アダルトサイト ×

そもそもの話ですが、アダルトサイトの運用を考えているのならエックスサーバーはNG

試用期間

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
試用期間 10日間 30日間(返金保証制度)

試用期間30日間に始まり、10日間に減ったと思ったら再び30日間になって帰ってきたmixhost。

ただしそこには条件がついていました。

「先に料金を払ってもらうけど、30日以内に解約すれば返金するよ」という返金保証制度です。

つまり解約した人にしか試用期間は味わえません。

契約を続ければ、先に払った料金はまるまる月額利用として計上されるので最初から本登録したも同然になります。

そこが少し損した気分になるかもしれません。

あと、解約する人はする人でいろいろと面倒なところもあります。

ちょっとお試し感覚でやってみたくとも、先払いシステムなためユーザー情報をしっかり登録しなければならない手間が発生します。

そして解約時には解約手続きだけでなく、サポートへの連絡が必須です。連絡しないと返金されません。

また、キャンセルタイプの選択で「直ちに解約する」と「契約期間の終了後解約する」の2つありますが、後者だと返金保証の対象にならないので注意が必要です。

さらに、忘れてはいけないのが返金手数料というもの。

銀行振込で支払った場合、mixhostも銀行振込にて返金処理をしますので、その際に返金手数料2,200円が発生します。

もちろんユーザーの負担です。結構痛い。

クレジットカードなら返金手数料は不要なので、実質クレジットカード払いの手段しか無いように感じてしまいます。

気軽にお試し感はまったく無くなってしまいました。


かたやエックスサーバーはというと、なんと申し込んだ日の翌月1日から料金が起算されます。つまり、

1日(申し込み&試用開始)→4日(本契約&試用終了)→月末まで無料→翌月1日から料金の起算

ということで、月初めに申し込めば1ヶ月まるまる本機能を無料で使えるのです!

注意すべきは「申し込み日」。

これは本契約の申し込みではなく、一番最初にエックスサーバーに申し込んだ(試用開始)日のことです(エックスサーバーから設定完了のメールが来た日)。

そこだけ気を付ければ、圧倒的にエックスサーバーがお得です。

運用実績

Xserver
X10
mixhost
スタンダード
運用実績 2003/07~ 2016/06~

10年以上経った今でも高い評価を得ているエックスサーバーですから、どれだけ日々の進化を重ねているかがうかがえます。

実績からの信頼度を考えると、当然エックスサーバーに分があります。

まとめ

どちらも引けを取らないほど優れていて本当に悩ましいものです。

最終的な判断は、

エックスサーバーの「安定性」

mixhostの「速さ」

どちらを取るかですね。

ただやはり、初心者からするとエックスサーバーの持つ長年の信頼は強いです。

ということで個人的オススメパターンは、

  • 電話サポートが欲しい
  • 実績ある方が安心する
  • 安定こそ正義

といった方は、

エックスサーバー


がオススメ!


  • 長期契約でより安い月額を求める
  • アダルトサイトを作る
  • 速さこそ正義

といった方は、

MixHost

がオススメ!

mixhost

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする