【キミガシネ―多数決デスゲーム―】第二章後編のプレイ・感想・攻略! Part25(Aルート):メインゲーム〜決選投票・分岐bルート〜【ネタバレ】

キミガシネ―多数決デスゲーム― ver.2
キミガシネ第二章後編Part25(Aルート)の分岐bルートです。

第二章後編Part24(Aルート)はこちら↓

スポンサーリンク

メインゲーム〜決選投票〜

投票

決選投票
 ケイジへの投票は、「ダメだ……!! それだけはできない……!!」というサラの心の声によって阻止されるため不可能です。

【結果】
カンナ最多表

ありがとう

トドメを刺した人間に「ありがとう」の言葉……。

なんともやるせない。

怒るソウ

カンナが覚悟を持って身代を手にしたからです。不正で無かったことにされようとも、その事実は消えません。

本来なら、身代で死ぬのはカンナなんです。

許さない

あ、やっぱりソウにしとけば良かったかな(熱い掌クルー)。

ソウとの和解ルートは端から無いんですね。

決選投票の議論で少し和解に近付いたかな? と思ったのも束の間。結末から見れば、完全に敵対するか、ソウが死ぬかの二択しかありません。

ナオ(市民)に投票してカンナ(身代)も死ぬ、という形だったなら、ソウの感情もだいぶ抑えられたでしょうに……。

結局、ガシューの不正でナオとカンナの役職が入れ替わったせいで、昼ドラさながらの憎悪劇になってしまいました。

ガシューを許すな。

もうソウとはそういう運命なのかもしれません。サラとは相反する人間なのでしょう。

だから勝率0.0%なのでは。15.5%に楯突くから……。


カンナは、最後に、とサラにひとつのお願いをしてきました。

最後のお願い
やつれるサラ

サラは優しくカンナを抱きしめます。

暖かい

『理』でソウを選べたら、どれほど良かったことか……。

でもケイジさんの1票が無ければ、サラがどうしようともソウが選ばれる道しかありません。

そう思うと、ケイジさんがカンナに入れた真意が聞きたいところです。

真っ先に入れたあたり、何かしら考えがあっての行動だと思われるので。


結果発表

ハンナキーにより役職の答え合わせがされます。

賢者 …… Qタロウ

鍵番 …… ケイジ

身代 …… ナオ

サラの答え

ごめんよ……ナオちゃん……。

覆りようのない結果が出たことで、いろんな葛藤から解放されたのでしょう。

さっきまで怖くて止まらなかった震えが、今は不思議と無くなっているとナオは話します。

安堵

「ナオが」なのか「サラが」なのか。

主語が無いので分かりませんが、どちらにしてもナオの優しさがあふれていて切ない……。

ナオちゃん部外者なんだから帰してあげてよぉ……。

確か誘拐犯の組織は記憶をいじるのがお手のものでしたよね?

なぜ部外者まで誘拐してしまった初期段階で、その記憶だけ消してさっさと解放しなかったのか……。

まさか部外者の中に黒幕がいて、そのカムフラージュに利用されたとかだったら……非常に罪深い。

2回目の交換の真実
「その時も身代のカードで……レコちゃんの持ってたメダルを……使っちゃいました……」

やっぱりナオだったんですね。

最初に身代を引いて、最後の最後でまた身代が戻ってくるなんて……。

……ん? まさか最初に身代を引いたのもガシューの不正なのでは?

あわよくばそのまま……と。それが失敗してしまったために、最後の交換で強行手段に出たんでしょう。

本当にナオが可哀想すぎ。

レコがナオを守った
「レコにとってお前は親友だった……それは間違いないよ……」

アリス優しい。

レコが守った、良い表現ですね。いや、本来ならレコはナオを守りきれていたんですよ。

不正さえ無ければ……!

ガシューを許すな。

再会を願う

そんな軽い冗談を言えるくらいには吹っ切れた様子のナオですが、ただひとつ心残りをポツリとつぶやきました。

心残り

生きて出たら完成させる予定だったミシマの似顔絵。

もう二度と、完成させることは……。

処刑の時間

そう言うと、ハンナキーはサラにあるものを手渡しました。


即死スイッチ
「長く苦しませたくなければ……押すしか……ありません」

なんでいちいちサラにだけ何かしらやらせようとするんですかね。

デスゲームを取り仕切っているのはアナタたちでしょう。処刑くらい責任持って自分でしなさいよ。

フロアマスターが死にさえすれば不正は許されるみたいな展開以降、誘拐犯組織に対するイライラが止まらない。

怒りは募るばかりですが、そんなものは後回しです。

非常に悲しいですが、処刑の時間は止まってくれません。

ホエミーが言っていたとおり、メインは投票で選ばれた者であり、身代は前座なのでしょう。

ナオの処刑が先に行われます。

ナオの処刑
ナオの腹部にはめられた鉄の塊。


ナオの処刑2
それは徐々に収縮し、身体を圧迫していきます。

即死スイッチを押そうとも、ナオ自身が拒むために押せません。

この状況になってでも、「死にたくない」とナオはあがきます。


そして……

息絶えたナオ

結局、即死スイッチなど押させてもらえないまま、ナオは最後まで苦しんで、その命を終えました。

もしかしたら……ナオが最後まで即死スイッチを押させなかったのは、サラを殺人者にさせないためだったのかもしれないと思うと、胸が締め付けられます。

いくら生存意欲があるといっても、助かる道が0%の中であんな苦しみをじわじわと味わわされれば、「いっそ殺してほしい」と願っても不思議ではありません。

それもなく抵抗し続けたのは、やはりジョーのことで散々苦しんだサラを知っているからこそ。

自分はサラにそんな重荷は背負わせない、というナオの優しさだったんじゃないでしょうか。

あれ、さっきから画面がぼやけて戻らないぞ……。


          
          
          ・
むこうの世界
「先生………………ごめんなさい……。先生にあげる……プレゼント……まだ描き切れてなくて……」


むこうの世界2
「大丈夫です。これからは……たくさん時間がありますから」


むこうの世界3
「思う存分描けよ、ナオ」

「はい……!」

むこうの世界4
          ・
          
          


絶望

また守れなかった。

また、死んでしまった。

サラは後悔と悲哀のドン底に叩きつけられました。

それでも、休む間もなく次の処刑は行われます。

ハンナキーがカンナへとターゲットを移そうとしたとき。


銃を構えるQタロウ

?!


それは……ガシューの銃か!

カンナに近付いたら撃つ、とQタロウは牽制しました。

しかしハンナキーは微動だにせず、ただ冷静に、そんなことをしてもカンナの処刑は変わらない、と切り捨てます。

しかしそんなハンナキーの姿は、辛いのをこらえながら処刑をやらされているようにQタロウの目には映っていました。

これまでの反応からしても、明らかにガシューやホエミーとは違います。

本当はこんなことを望んでいないはず、そう思ったQタロウは、ハンナキーの良心に訴え出ました。


「……わかってませんね……」
ずっと敵

ヒェッ……。

あれかな、嗚咽だと思っていたら実は笑いをこらえるのに必死だっただけみたいな。

ハンナキーは一歩踏み出し「……近づきましたよ」と、まるでQタロウを煽るように自ら銃口に笑顔を向けます。

焦ったQタロウは意を決して引き金を引きました。

しかし……

拳銃は、カシン、と音を立てただけでした。

中身は、からっぽ。

ハンナキーはそれを見据えていたんでしょうか。

悔しがるQタロウに、カンナは静かに止めに入りました。

「……もう、いいんです」
みんなへの感謝

最期の笑顔
「……ありがとう、サラさん。……ソウさんをよろしくお願いします……。……みんなで……仲良く……」


それがカンナの最後のメッセージ。

言い終えるとともに、ハンナキーが処刑装置の起動を行いました。

「首輪装置……『人間フラワー』作動します……!」

人間フラワー作動

首輪からカンナの体内に人間フラワーの種というものがまかれました。

聞いただけでおぞましい予感しかしませんが、ナオのようには苦しまないとハンナキーは説明します。

体内に根を張られ、心地よい痺れを感じながら美しく死んでいく……と。

そんな方法もあるならナオもそれでよかったじゃないですか!

なぜ一番の被害者であるナオがあんなに苦しむ処刑をさせられねばならなかったのか。

本当に怒りが収まりませんが、それでも時間は無情にも流れていくもので。

カンナの体内にまかれた種は、瞬く間に発芽のときを迎えました。

腕を伝う蔓
蔓はカンナの腕を伝いながら、どんどん成長していきます。

そして……

息絶えたカンナ

咲いた花

これが選ばれた者の最期。

死体は花が枯れぬ限り、いつまでもきれいな状態で保たれるのだそう。

まるで芸術作品のような扱いです。

候補者とそれ以外では、こうも格差をつけるんでしょうか……。

思えば候補者でないジョーも、ナオのように血まみれでひどく苦しんで殺されました。


サラは、ただただカンナに謝ります。

脱出のためにはソウが必要だったこと。

『理』を選んでしまったこと。

最低の選択を、してしまったこと。


……殺してやる……

憎悪
くだらない……全部くだらない……

フロアマスターも……サラも……

有象無象の どいつも こいつも……

カンナを殺したお前ら全員……ボクが殺してやる……!!

そうだ……まずは……サラに……

メインゲーム後

ロビー(夜)
サラは、ほんやりした頭でソウを探していました。

ナオもカンナも救えなった。

そんな現実は知らない、見たくない……と目を背けるように、ソウを探すことに意識を向けました。

荒れた廊下

荒れた廊下
何かに導かれるように、足が向かいます。

予感のような何かが、サラを呼んでいました。

ガレキの部屋

モニターが光るガレキの部屋
画面が光っており、部屋全体を照らしています。

気になったサラは、ボーっと画面を覗きました。

ジョーの人工知能
『よう、サラ』

サラは面を食らいました。

見知った顔がそこにあります。

いつも学校で顔を合わせていた、親友のカオ。

あり得ない……また幻影だ。ついに自分は壊れてしまったのだとサラは思い直します。

なぜなら、ジョーの人工知能なんかあるハズがない。彼は候補者外なのだから。

それでも、今のサラにはそんなことはどうでもいいこと。

ジョーのいる画面に詰め寄り、彼の名前を叫びました。

ジョーもはつらつと返します。

『おう、元気だったか!』
豹変するジョーの人工知能

一瞬にしてサラの顔がこわばりました。

分かっていたハズなのに。幻影……これは自分が作り出した、偽りのジョーだと。

返事をしてはダメだ、と思いつつも。

『聞かせてくれよ! 今度は誰を殺したんだ?』

思わず否定しかけて、サラはその口をつぐみます。

無視をしなければ、と再度心に決めようとも。

『……投票したんだろ? 生き残るために……自分より弱いヤツを犠牲にした』

ついにはっきりと「違う……!!」とサラは否定してしまいました。

これはジョーじゃない、と言い聞かせても。

『サラ……お前、変わっちまったな』

サラは息苦しさを覚え、激しい呼吸を繰り返します。

幻影に……殺される……。

『今度はどんな言い訳をするんだ? サラ』

【選択肢】
→黙れ
→お前はジョーじゃない

「お前は……ジョーなんかじゃない!! 出て来ないでよ……!! お願いだから……!! もういい加減……許してよ……!!」

豹変するジョーの人工知能2
『オレがどんだけ苦しんだか知ってるだろ? ……もう一回、見せてやるよ』


すると、画面には……


地獄の映像

地獄の光景が。

思い出したくない、ジョーの最期が。

サラのうめき声は次第に叫びへと変わっていき、視界も何もかもをかき消していきました。

寝室

「サラ……!!」
サラを心配するケイジ

ケイジさん助けて。サラが壊れる。


ギンも同席
ふあああ天使もいたああああ

サラちゃん、目覚めのイケメンと天使を見て元気出して!

ケイジによると、サラはガレキの部屋で気を失っていたのだそうです。

Qタロウも同席
アリスも同席
Qタロウもアリスもいました。

ソウ以外は全員集合しているんですね。

そういえばサラは最初にソウを探していましたから、おそらくソウの姿だけが見当たらず、みんなで探していたんでしょう。

全員あの映像のことを知っているということは、あれは夢ではなく現実だとも証明されました。

ケイジはジョーの人工知能のことを、誰かの悪意で組み立てられたニセモノのジョーだと断定し、少しでもサラの気を軽くしようと声をかけます。

励まし

──何を言ってるんだろう……?

ケイジの優しさに、サラはいまいちピンと来ていませんでした。

おそるおそるケイジに尋ねます。


「ジョーって……誰ですか…………?」


残り6人

第二章後編 終

分岐bルートは、カンナ死亡ENDでした。

正直、こんなことになるくらいだったらソウに投票しておけばよかったとちょっぴり後悔している自分がいる。

でも本来死ぬはずだった人が不正で助かって、その尻拭いを他の人が担うって構図が理不尽すぎて……。

どうしても受け入れなれなかったので、私の中ではカンナに投票することしか頭にありませんでした。

もっと聡明だと思っていたソウが、カンナの遺言も意図も一切汲まず自己中心的な考えに走ったのだけが残念です。


分岐aルートはこちら↓

分岐cルートはこちら↓

まさかこんなにも枝分かれする分岐になるとは予想していなかったので、表記をどうしようかと困ったのですが、とりあえず、

第ニ章前編の分岐を A、B としたので、
第ニ章後編の分岐は a、b、c に。

それらを組み合わせてルート表記していきます。

ちなみにアルファベットは、

↑のような分岐イラストで、左にいる生存ルートから順にあてがっています。

私はAルートとbルートがメインストーリーなので、最終章はAbルートを進めていきます。


最終章前編Part1(Abルート)はこちら↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする