【スマホ】無料キーボードは「flick」で決まり!【Android】

flick

やっといい感じの無料キーボードが見つかりました!

このたびスマホを買い替えました。 ARROWS → XPERIA です。 ...

↑の記事でも書いたとおり、最終的に落ち着いていたのが「Gboard」でした。

でもやっぱり英数字の学習能力の無さが本当に不便なんですよ……。アドレスも毎回一文字ずつ手打ち。おまけに「@」と打ってもドメイン名が出てきません!

さすがにGboardだけあって「g」と打てば「gmail.com」は出てきますが、yahooや携帯会社など他所のドメインは出ません。「yahoo」はあっても「yahoo.co.jp」が無い、といった具合です。

内蔵された単語しか出さないとかクソまじめか!!

……とヘイトを溜めてしまう前に(すでに溜まってる)、改めてキーボード探しの旅に出ました。そして1発で「flick」に出会ったので旅は終わりました(完)。

まぁ前回のときに存在は知ってたんですけどねw スクショ見る限りだとデコとか顔文字特化してる印象だったので、機能は控えめっぽいかな〜と勝手に偏見を持ってたのがダメでした。

なにはともあれ、そこそこ満足のいくキーボードとなった「flick」。主にGboardと比較しながら良し悪しをまとめてみました。

スポンサーリンク

良いところ

画面の見やすさ

Gboardと見比べるとわかりやすいんですが、
Gboard
(Gboard)

flick キーボード
(flick)

画面の見やすさが違う。

Gboardは背景画像の明るさを80%に調整しましたがそれでも暗い。100%でも大して変わらず、調整していないflickの方が明るくて見やすいです。

また、flickだとフリック補助(「あ」だと「いうえお」の部分)を消せるのが素敵!(英字は消せない模様)。枠線も全部消せます(よーく見るとうっすらとしたのは残りますが気にならない程度)。

おかげでキーボードがスッキリサッパリ。背景の猫もよく見えてかわいさ倍増しです。


そしてなんといっても記号の一覧。

Gboard 記号1

Gboard 記号2

Gboardの記号はこれだけです。スライドできないので本当にこれだけです。「」や『』は変換で出せって割り切ってる感じですかね?

画面自体もいまいち馴染めないままでした……。

対してflickは、
flick 記号
とっても見やすい! しかもべらぼうに多い! 「矢印、数字」より右側にも「数式、単位」「アルファベット」「カタカナ」や「ヒエログリフ」までありますw

左の「<>」が記号、真ん中の「ニコちゃんマーク」が絵文字、「…」がキャリア絵文字で切り替えも簡単。

そして一番ありがたいのが「履歴」ですね。記号はこれが無いと始まらない。


この時点でもう既にflickが圧倒してるんですが続きます。

変換能力

flick 変換
Gboardと遜色なく感じます。
というより、公式にて

flickはGoogle日本語入力を由来とするmozc(https://github.com/google/mozc)というオープンソースソフトウェアをベースに作ってます

とあるので、根本的な部分は似てるということですかね? flickが全体的にGboardの上位版といった印象を受けるのもそのためかも。

細かいところで使い勝手に差が出てる感じですね。いろいろとありますが、上記画像でいうと文字入力中はスペースキーが「カナ漢字変換カナ」に変わり変換がちょこっと楽になる点など。

上(カナ)にフリックすれば半角カタカナに、下(カナ)にフリックすれば全角カタカナに即時変換してくれるので、カタカナに関しては一切探す必要がないんですよ。

ちなみに「カナ漢字変換カナ」を左フリックすると、変換を探す方向を逆にできます。通常は変換一覧を上から右に探していきますが、それが下から左になるのです。

……使えるかどうかはわかりませんがw 半角カタカナが変換一覧の下の方にあるのでそれを探すのに便利かと思いましたが、上にフリックするだけでいい機能が搭載されてる手前なんともw


また、「@」だけでGmailやyahoo、キャリアのドメインも出せます。これまじ必須。


そしてflickの推しである顔文字&AA!

flick キーボード
左下のかわいいクマさんが顔文字&AAの入口です。1文字から検索できますがさすがにザックリしすぎなので、ここでは「しょぼーん」で検索します。

flick 顔文字&AA
   ∧__∧
 ( ´TωT)ガーン…
c(,_U_U

簡単に貼れる!

私は顔文字もAAもそんなに使わなく(ネトゲだとわりと使うw)、「(´・ω・`)」くらいしかまともに辞書登録してませんw 「(´・ω・`)」の汎用性の高さ好き。

ほかは必要だったら検索してコピペでしたが、キーボードで検索できるとなるとその手間が省けますね。

.     ∧ ∧
    (´•ω• ∩ やったー
   o.   ,ノ.
    O_ .ノ
        (ノ
      i||
     ━━

学習能力

見事にGboardの欠点を拭ってくれました! 英数字もしっかり学習してくれます!!

ちょっと物足りないのは、頭文字が大文字か小文字かで予測変換に出ないところです(Gboardと一緒)。例えば、

「Windows」と入力し確定した場合

w(小文字)を入力しても予測変換に出ない

「windows」と入力し確定した場合

W(大文字)を入力しても予測変換に出ない

つまり入力したときの頭文字の大小によって別々に学習するようです。

なので、基本は小文字で入力して予測変換に出た大文字を使うのがベスト。そうすれば次回からは頭文字が小文字でも大文字を予測変換に出せます(使ったもの限定ですが)。

Super ATOK ULTIASなら一度確定した英字は大小関係なく予測変換に出してくれるのですごく使いやすかったんですよね〜。

flickもそれくらいの柔軟性を身につけてくれれば学習能力においては文句無しです。

左右矢印キーで上下移動

できます!

日本語入力時に全角スペース

flick 全角スペース
チェックを外すとできました!

しかし凄いのは、スペースキーをタップすれば全角スペースですが、スペースキーを左にフリックすれば半角スペースが打てるのです!

チェックを入れてる人はその逆で、左フリックで全角スペースが打てます。

全角スペースを使ってる身としては、半角スペースを使いたいときは英数字に切り替えるしか無かったので助かります。

こういう地味な要素こそ素敵。

スリムなキーボード

「画面の見やすさ」でも載せましたが、

Gboard
(Gboard)

flick キーボード
(flick)

どちらも一番低い設定なんですが、縦幅が全然違いますよね!

GboardはGoogle検索機能で幅をとってるせいで結局普通サイズって感じです。ここに2行の予測変換が加わると画面の半分近いスペースをとられてしまいます。

キーボードによって見える範囲が狭くなるのが本当に嫌で、低さを求め続けてたんですがflickがまさに望んだ低さ!

2行の予測変換が加わってGboardと同じくらいの縦幅ですw あまりのスリムさに嬉しくて予測変換を2行から1行に縮めてみましたw 画面がさらに広い。感動。

悪いところ

数字の0が打ちにくい

キーボードの1〜9の数字は大抵どこも共通して下フリックです。

でも0だけはキーボードによってコロコロ変わります。あれは一体何故なのか……。紛らわしいので1〜9と統一して欲しいですよね!

GboardとPOBoxはこの点は優秀です。0〜9まですべて下フリックなのでやりやすい。

Super ATOK ULTIASはこの点だけは残念です。0だけ右フリックでちょっとやりにくい。

そして肝心のflickは……まさかの上フリックという超絶やりにくさ。なぜよりによって真逆?! 孔明の罠か!

「↰」機能が使えない

削除キーには、設定で「左フリックするとカーソル以前の文章を全削除する」という機能のON、OFFができます。

これをONにしてみたものの、全削除したあとにやっぱり戻したいときってあるじゃないですか。テキストエディタとかでアンドゥ機能があるならともかく、ブラウザ上って無いですよね。

無いなら使わない方が無難かなーと思っていたら、まさしく同じ悩みのレビューを発見しまして。それについての公式の回答が「左上の記号キーの左のキーを押すと戻ります」と、ありました。

flick キーボード
ニコちゃんマークの左にある「↰」のことですよね? 私の場合これを押してもまったくの無反応なんです。

そもそもこのキーはなんのために存在してんのってくらい使い道がありません。文字確定直後にタップすると、確定した文字を再変換しますがそんな機能は使わない……。

アンドゥ機能なら酷使レベルのキーにも成り得ましたが、私の端末ではニートと化してるので役立たずのキーになってます。

おかげで全削除機能を使うに使えませんし……ハァ……。何が原因なんだろ……。

英数字が日本語入力に切り替えても確定されない

Super ATOK ULTIASだと、英数字の入力中に日本語入力に切り替えると入力中の英数字を自動で確定してくれます(この点はPOBoxも同じ)。

なので続けて日本語を打って変換しても、変換されるのは日本語のみ。私は英数字を日本語と一緒に変換するのは好きではないので、これがしっくりきていました。

が、flick(とGboard)は言語切替しても確定してくれないんですよねー……。

言語切替だけで英数字確定&日本語入力に戻すを一度にやれてまさに一石二鳥だったのでガックシです。

検索時にキーボードが閉じる

これは前回の記事でも書いた内容です。

検索欄でキーワードの語尾にカーソルがある状態で「→」を押すとキーボードが閉じる現象。

Super ATOK ULTIAS以外のキーボードは軒並みアウトで、Google日本語入力がベースっぽいflickも当然のごとくアウトでした。

追加キーワードは右に入れていくタイプなので、右端にカーソルを持っていくたびにキーボードが閉じるのは本当に不便です。

これまた原因不明でお手上げ。

Twitterかfacebookが必要

自分の画像を使ってテーマを作りましたが、完成後に「テーマを保存しますか?」と聞かれたので「保存する」を押したら、

flick テーマのアップロード
こんな画面に飛びました。
テーマ名は適当に「ねこ」と。

「アカウント名を公開」のチェック欄は急すぎて意味がわかりませんでした。flickを使う上でアカウントもなにも作ってないですし。不審に思いながらも「自分だけで使う」をタップ。すると……

flick ログイン
ファッ?!

Twitterかfacebookの利用前提www

どっちもやってねーよ! 当然のごとく要求してくんなよ!

ということで、どちらかでログインしないとテーマの保存は不可でした。そもそもログインの必要性とは。

flickアカウントを作るか外部アカウントでログインしてというならまだしも、完全に外部アカウント頼りなのは驚いた。

どうせ持ってるでしょ? って感じ?
未所持勢は肩身が狭いすなぁ(´・ω・`)

広告が邪魔

flick 顔文字&AA
見てのとおり顔文字&AA画面には広告が出てくるんですが、これがなかなかの邪魔。これを消すには……

flick アップグレード
アップグレード。

AI変換は別にいらないとして。
広告を消すのに700円/年。1か月あたり60円と思えば安いけど定期購入ってのがなぁ……買い切りが良かった。

セキュリティソフトとかだと更新しなきゃって意識的に思えるから年間で契約していてもしっかり管理できるけど、キーボードの広告消しとか地味すぎて絶対忘れそう。

それに定期購入しても結局Twitterかfacebookしてないとテーマの保存もろくにできないんでしょ?w 課金してるのに不自由を味わう理不尽さツラいw

まぁつまるところ広告の煩わしさなんて微々たるものですが、今回挙げたflickの悪いところが完璧に治って神キーボード化した暁にはプレミアムサービスを検討します。ってとこですかね。

まとめ

無料のキーボードとしては優秀です!

そんなにキーボードアプリを渡り歩いたワケではないので一概には言えませんが、今のところ私の中ではSuper ATOK ULTIASの次に位置するくらい良キーボードとなっています。

ただ、顔文字&AAを多用する人には広告がかなりうざったく感じるでしょうから、キーボードの性能に満足できているならアップグレードした方がいいかもしれません。

なんにせよ、使って損はないキーボードです!

flick(フリック)

flick(フリック)
開発元:IO Inc.
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする