【漫画】5秒でわかるアナ雪2【とネタバレ感想】

諸事情により、キャラクターはオブラートに包んでおります。

5秒アナ雪2

だいたいこんな感じ。

スポンサーリンク

ネタバレ感想

エルサのカッコよさを堪能する映画といっても過言ではない。

今作は魔法でバンバン戦ってくれるのでかなり見応えがあります。

エルサを見ていると、氷の魔法の利便性が良さすぎて羨ましくなってくるw

クリストフそっちのけで遺憾なく発揮されるエルサファースト。

魔法なんて無くてもズンズン突き進むアナも、勇ましくてカッコいいです。

……傍から見れば非常に危なっかしくて困りものですがw

クリストフがまぁポンコツ!

状況を考えろよ、と言いたくなるくらい旅の間ずーーーーっとプロポーズのことしか考えていないw

深刻な事情あっての旅に付き添うなら煩悩はアレンデールに置いてこいw

そんなクリストフも、最後の最後に見せたイケメンっぷりで株価急騰しました!

アースジャイアント(土の精霊)↓に

踏まれかけたアナを拾い上げた際、開口一番に「どうすればいい?」と端的に言い放ったところは最高でした。

大抵の場合、「なにしてるんだ!」「危ないだろ!」「どうなってる!」などなど……叱咤したり混乱したりがありがちなシーンです。

そこをクリストフは、何かやり遂げようとしているアナの意思を即座に理解し、力になるためにその場で最も必要な行動(アナから指示を受けること)に真っ先に移りました。

判断力と対応力が素晴らしすぎて、ここで一気に見直しましたよ……。ポンコツと差し引きしてプラマイゼロ! やったね!

一番度肝を抜かれたのがスヴェン。

完全に自然生命体担当なのかと気を抜いていたところへのミュージカル参加。

お前も歌うんかい! 喋るんかい!w

ただ、クリストフを慰めたそのとき限りっぽいところからするに、クリストフの妄想だった……? 

クリストフの尊厳のためにも、スヴェンは話せるようになるべき。

相変わらずアイドルしてる。

サマンサのくだりが好きすぎて、ほかのことがもはや朧気w

↑の動画にもある、魔法の霧に跳ね返されても笑いながら何度も挑むシーン。

気が触れてるようにしか見えなくて笑ってしまうw

ブルーニ(火の精霊)。

オラフのアイドルライバル誕生。

あざとさステータスにガン振りしてますw わかっていても許さざるを得ないかわいさ。オラフも認めるかわいさ。

あざかわ代表取締役会長。

同じ精霊だとノック(水の精霊)も魅力満載です。

↓こんな感じのふつくしい水のお馬さん。

出てきた当初は、Lv1で彷徨っていたらLv90の敵が出てきたかのようなまがまがしさがありましたが(それはそれでカッコよし)……

エルサが手懐けてからは、忠犬ならぬ忠馬のごとく凛とした姿がカッコふつくしい。

ノックがいてくれるなら、この世のありとあらゆる交通手段を捨てる。

そんなこんなでアナ雪2、ストーリーも曲も1より好きでした!

唯一、惜しむらくはミュージカル過ぎるところですね……。

とにかくすぐ歌う歌う歌う! という印象を強く持ちました。1もこんなに歌ってましたっけ?

キャラクター同士の掛け合いを見るほうが好きな私としては、ちょっと多過ぎるかなぁと。

細かいところが気になる性分としては、あれだけ大声で歌っている間のまわりの反応が気になるというかw

エルサが「Into the Unknown」を歌ったときって夜中ですよ? アナが寝てるんですよ?

これでもかというくらい大声で歌うじゃないですかw アナを起こさないようにそっと部屋を出てきた意味よw

こういうことを気にするタイプなので、おそらくミュージカルには向いていないんでしょうねw

それでも確かにストーリーと曲は良しでした。

アナ雪2は前情報皆無で観たため、「Into the Unknown」が前作で言う「Let It Go」にあたるメイン曲だとは、終わるまで気が付きませんでしたw

「Let It Go」ほど掴みは良くないですが、そのぶん聞けば聞くほど味が出るタイプですね。

「Let It Go」はガム曲
「Into the Unknown」はスルメ曲

そんな感じがします。

不思議な声の「AH-AH-AH-AH-」の部分は、聞いたときからビビッときてずっと気に入っています!


エルサ(Idina Menzel)と不思議な声(AURORA)による「Into the Unknown」


Panic! At The Discoによるエンディングの「Into the Unknown」

みんな歌唱力おばけ。

眼福ならぬ耳福。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする